看護師 辛さ

看護師でつらかったこと

私が病院の看護師の時の辛かった思い出について。

 

私にとって一番辛かったのは時間が不規則なこと。

 

性格的に決まった時間で動きたいので、シフト制でさらに夜勤のある勤務は辛く感じました。

 

夕方から深夜にかけての準夜勤、深夜から朝までの深夜勤。

 

お肌に悪い(!)と思いつつ夜中に出勤です。

 

 

 

さらに患者様の状況によって勤務延長もしばしば。

 

また、せっかくの休みであっても勉強会が設定されればわざわざ病院まで行くことに。。。

 

研究発表なんて重なった時は最悪です!

 

自分の時間なんて無く、まさに「時間を犠牲にして」いる状態。

 

日々小さなストレスが蓄積していくのでした。

 

 

 

さらに激務の毎日。

 

受け持ち患者で手一杯なのに、救急で新患が来れば対応はもちろんカルテ作成からベッドの準備といった細々した仕事も看護師の仕事です。

 

あっちに走り、こっちに走り。

 

ひとつひとつの業務が生死に関わることなので本当に心が持ちませんでした。

 

 

 

先輩看護師の生活をみても特に生活に慣れて楽になるわけでもないようでした。

 

最終的に自分なりのペースを見出せず、モチベーションより辛さの方が勝ってしまい、退職に至りました。

 

この2交代、3交代の仕事のペースが看護師の仕事でもあるわけですから、このとこに悩まず、受け入れて、休暇中は好きなことを思う存分楽しんでストレスを解消しながら勤務すればいいのでしょうね。

 

同僚には日程をうまく調整して、バカンスを取り大好きな海外旅行にしょっちゅう行っている人もいましたよ!

 

まず仕事の現状を受け入れ自分を大切に出来る働き方を見出したいものです。

スポンサードリンク

看護師でつらかったこと関連ページ

看護師人材派遣
大学の看護学部での実体験を通じて学んだことをまとめています。
看護師の転職について
看護師として転職した経験や、看護師を辞めたことについて、体験を元にまとめています。
看護師の転職活動
看護師として転職した経験や、看護師を辞めたことについて、体験を元にまとめています。
転職の面接について
看護師として転職した経験や、看護師を辞めたことについて、体験を元にまとめています。
看護師を辞めて
看護師として働いていましたが、辞めて別の業界へ行くことにしました。その経緯についてです。